ふなもりやさぶろうもとごしょ (船守弥三郎許御書) ひらがな文

○ふなもりやさぶろうもとごしょ
こうちょう がんねん 6がつ 40さい おんさく 

わざと つかいを もって ちまき さけ ほしい さんしょう かみ しなじな たび そうらい おわんぬ 
また つかい もうされ そうろうは おんかくさせ たまえと もうしあげ そうらえと にちれん こころえ もうすべく そうろう 
にちれん いぬる さつき12にち るざいのとき そのつに つきて そうらいしに 
いまだ なをも ききおよび まいらせず そうろうところに ふねより あがり くるしみ そうらいき ところに 
ねんごろに あたらせ たまい そうらいし ことは いかなる しゅくじゅう なるらん 
かこに ほけきょうの ぎょうじゃにて わたらせ たまえるが いま まっぽうに ふなもりの やさぶろうと うまれかわりて にちれんを あわれみ たもうか 
たとい おとこは さもあるべきに にょうぼうの みとして しょくをあたえ 
せんぞく てうず そのほか さも こと ねんごろ なること にちれんは しらず ふしぎとも もうすばかりなし 
ことに 30にち あまり ありて ないしんに ほけきょうを しんじ にちれんを くようし たもうこと いかなることの よしなるや 
かかる じとう ばんみん にちれんを にくみ ねたむこと かまくらよりも すぎたり 
みるものは めをひき きくひとは あだむ 
ことに さつきのころなれば こめも とぼしかるらんに 
にちれんを うちうちにて はぐくみ たまいしことは にちれんが ふぼの いずの いとう かわなと いうところに うまれかわり たもうか 
ほけきょう だい4に いわく ぎゅう しょう しんじ にょ くよう お ほっし と うんぬん 
ほけきょうを ぎょうぜんものをば しょてんぜんじんとう あるいは おとことなり あるいは おんなとなり 
かたちをかえ さまざまに くようして たすくべしと いう きょうもんなり 
やさぶろうどの ふうふの しじょと うまれて にちれん ほっしを くようすること うたがいなし 
さきに まいらせし もんに つぶさに かきて そうろう しあいだ いまは くわしからず 
ことに とうじとうの びょうのうに ついて きせい もうすべきよし おうせ そうろうし あいだ あんに あつかいて そうろう 
しかれども いちぶん しんこうの こころを にちれんに いだし たまえば ほけきょうへ そしょうと こそ おもい そうらえ 
この ときは じゅうらせつにょも いかでか ちからを あわせ たまわざるべきと おもいそうらいて 
ほけきょう しゃか たほう 10ぽうのしょぶつならびに てんしょう はちまん だいしょうの しんぎ とうに もうして そうろう 
さだめて ひょうぎ ありてぞ しるしをば あらわし たまわん 
よも にちれんをば すてさせ たまわじ 
いたきと かゆきとの ごとく あてがわせ たまわんと おもい そうらいしに 
ついに びょうのう なおり かいちゅう いろくずの なかより しゅつげんの ぶったいを にちれんに たまわること 
これ びょうのうの ゆえなり さだめて じゅうらせつにょの せめなり 
この くどくも ふうふ ふたりの くどくと なるべし 
われら しゅじょう むしより このかた しょうじかいの なかに ありしが ほけきょうの ぎょうじゃと なりて 
むししきしん ほんぜりしょう みょうきょうみょうち こんごうふめつの ぶっしんと ならん こと あに かの ほとけに かわるべきや 
かこ くおん5ひゃく じんてんの そのかみ ゆいがいちにんの きょうしゅしゃくそんとは われらしゅじょうの ことなり 
ほけきょうの いちねんさんぜんの ほうもん じょうじゅうしせっぽうの ふるまいなり 
かかる とうとき ほけきょうと しゃくそんにて おわせども ぼんぷは しることなし 
じゅりょうぼんに いわく てんどうの しゅじょうをして ちかしと いえども しかも みえざらしむとは これなり 
めいごの ふどうは しゃらの しけんの ごとし 
いちねんさんぜんの ほとけと もうすは ほっかいの じょうぶつと いうことにて そうろうぞ 
せっせんどうしの まえに きたりし きじんは たいしゃくの へんさなり 
しびおうの ところへ にげ いりし はとは びしゅかつまてん ぞかし 
はんそくおうの しろへ はいりし ふみょうおうは きょうしゅ しゃうそんにて まします 
にくげんは しらず ぶつげんは これを みる 
こくうと たいかいとには ぎょちょうの ひこうする あとあり 
これらは きょうもんに みえたり 
もくぞう そく こんじきなり こんじき そく もくぞうなり 
あぬるだが こがねは うさぎとなり しにんとなる 
しゃくまなんが たなごころには いさごも こがねとなる 
これらは しぎ すべからず 
ぼんぷ そく ほとけなり ほとけ そく ぼんぷなり 
いちねんさんぜん がじつじょうぶつ これなり 
しからば ふうふ ふたりは きょうしゅ だいかくせそんの うまれかわり たまいて にちれんを たすけ たもうか 
いとうと かわなの みちの ほどは ちかく そうらえども こころは とおし 
のちの ために ふみを まいらせ そうろうぞ 
ひとに かたらずして こころえさせ たまえ 
すこしも ひと しるならば おんため あしかりぬべし 
むねの うちに おきて かたり たもうこと なかれ 
あなかしこ あなかしこ なむみょうほうれんげきょう 
こうちょう がんねん 6がつ 27にち にちれん かおう 
ふなもり やさぶろう どの もとへ これを つかわす 

○ふなもり弥三郎もと御書 ひらがな漢字交互文へ

■ふなもり弥三郎もと御書 背景と大意へ

◇ふなもり弥三郎もと御書 目次へ

総合案内へ

ブログトップへ
[PR]
by hiraganagosho | 2013-06-16 21:16 | ふなもり弥三郎もと御書