椎地四郎殿御書 ( ひらがな漢字交互文 )

◎しいじしろうどのごしょ  ひらがな漢字交互文
(ごしょ1448ページ1行目から1448ページ5行目)

しいじ しろう どの ごしょ. 
椎地 四郎 殿 御書. 

こうちょう がんねん しがつ よんじゅっさい おんさく. 
弘長 元年 四月  四十歳 御作. 

せんじつ おんものがたりの ことに ついて かの ひとの ほうへ あいたずね そうらいし ところ. 
先日 御物語の 事に ついて 彼の 人の 方へ 相尋ね 候いし 処. 

おおせ そうらいしが ごとく すこしも ちがわず そうらいき. 
仰せ 候いしが 如く 少しも ちがはず 候いき. 

これにつけても いよいよ はげまして ほけきょうのくどくを えたもうべし. 
これにつけても いよいよ はげまして 法華経の 功徳を 得 給うべし. 

しこうが みみ りろうが めの ように きき みさせ たまへ. 
師曠が 耳 離婁が 眼の やうに 聞 見させ 給へ. 

まっぽうには ほけきょうの ぎょうじゃ かならず しゅったいすべし ただし だいなん きたりなば ごうじょうの しんじん いよいよ よろこびを なすべし. 
末法には 法華経の 行者 必ず 出来すべし 但し 大難 来りなば 強盛の 信心 弥弥 悦びをなすべし. 

ひに たきぎを くわえんに さかんなること なかるべしや. 
火に 薪を くわへんに さかんなる事 なかるべしや. 

たいかいへ しゅうる はいる されども たいかいは かわの みずを かえすこと ありや.  
大海へ 衆流 入る されども 大海は 河の 水を 返す事 ありや. 

ほっけ たいかいの ぎょうじゃに しょかわの みずは だいなんの ごとく はいれども かえすこと とがむること なし. 
法華 大海の 行者に 諸河の 水は 大難の 如く 入れども かへす事 とがむる事 なし. 

しょかわの みず はいること なくば たいかい あるべからず だいなん なくば ほけきょうの ぎょうじゃには あらじ. 
諸河の水 入る 事なくば 大海 あるべからず 大難 なくば 法華経の 行者には あらじ. 

てんだいの いわく しゅうる うみに はいり たきぎ ひを さかんにす と うんぬん.  
天台の 云く 衆流 海に 入り 薪火を 熾んにす と 云云. 

ほけきょうの ほうもんを 1もん 1く なりとも ひとに かたらんは かこの しゅくえん ふかしと おぼしめすべし. 
法華経の 法門を 一文 一句 なりとも 人に かたらんは 過去の 宿縁 ふかしと おぼしめすべし. 

きょうに いわく やく ふもん しょうぼう にょぜにん なんど と うんぬん. 
経に 云く 亦 不聞 正法 如是人 難度 と 云云. 

このもんのこころは しょうほうとは ほけきょうなり この きょうを きかざるひとは どし がたしと いう もんなり. 
此の 文 の意は 正法とは 法華経なり 此の 経を きかざる 人は 度し がたしと 云う 文なり. 

ほっしぼんには にゃくぜ ぜんなんし ぜんにょにん ないし そく にょらいし と とかせ たまいて. 
法師品には 若是 善男子 善女人 乃至 則 如来使と 説かせ 給いて. 

そうも ぞくも あまも おんなも 1くをも ひとに かたらん. 
僧も 俗も 尼も 女も 一句をも 人に かたらん. 

ひとは にょらいの つかいと みえたり きへん すでに ぞくなり ぜんなんしの ひとなるべし. 
人は 如来の 使と 見えたり 貴辺 すでに 俗なり 善男子の 人なるべし. 

この きょうを 1もん 1く なりとも ちょうもんして たましいに そめん ひとは しょうじの たいかいを わたるべき ふねなるべし. 
此の 経を 一文 一句 なりとも 聴聞して 神に そめん人は 生死の 大海を 渡るべき 船なるべし. 

みょうらくだいし いわく 1くも たましいに そめぬれば ことごとく ひがんを たすく しゆい しゅうしゅう ながく しゅうこうに ゆうたりと うんぬん. 
妙楽大師 云く 一句も 神に 染ぬれば 咸く 彼岸を 資く 思惟 修習 永く舟航に 用たり と云云. 

しょうじの たいかいを わたらんことは みょうほうれんげきょうの ふねに あらずんば かなうべからず. 
生死の 大海を 渡らんことは 妙法蓮華経の 船に あらずんば かなふべからず. 

そもそも ほけきょうの にょととくせんの ふねと もうす ことは きょうしゅ だいかくせそん ぎょうちむへんの ばんしょうとして 4み 8きょうの ざいもくを とりあつめ. 
抑 法華経の 如渡得船の 船と 申す 事は 教主 大覚世尊 巧智無辺の 番匠として 四味 八教の 材木を 取り集め. 

しょうじきしゃごんと けずりなして じゃしょう いちにょと きりあわせ. 
正直捨権と けづりなして 邪正 一如と きり合せ. 

だいご いちじつの くぎを ちょうと うって しょうじの たいかいへ おしうかべ. 
醍醐 一実の くぎを 丁と うつて 生死の 大海へ をしうかべ. 

ちゅうどう いちじつの ほばしらに かいにょ 3000の ほを あげて しょほうじっそうの おいてをえて.  
中道 一実の ほばしらに 界如 三千の 帆を あげて 諸法実相の おひてをえて. 

いしん とくにゅうの いっさいしゅじょうを とり のせて しゃかにょらいは かじをとり たほうにょらいは つなでを とりたまえば. 
以信 得入の 一切衆生を 取り のせて 釈迦如来は かぢを取り 多宝如来は つなでを 取り給へば. 

じょうぎょうとうの 4ぼさつは かんがい そうおうして きりきりと こぎ たもう ところの ふねを にょととくせんの ふねとは もうすなり. 
上行等の 四菩薩は 函蓋 相応して きりきりと こぎ 給う 所の 船を 如渡得船の 船とは 申すなり. 

1449ページ2行目

これに のるべきものは にちれんが でし だんな とうなり よくよく しんじさせ たまえ. 
是に のるべき者は 日蓮が 弟子 檀那 等なり 能く能く 信じさせ 給へ. 

しじょうきんごどのに けさん そうらわば よくよく かたり たまい そうらえ. 
四条金吾殿に 見参 候はば 能く能く 語り 給い 候へ. 

くわしくは またまた もうすべく そうろう. 
委くは 又又 申すべく 候. 

きょうきょう きんげん. 
恐恐 謹言. 

しがつ28にち にちれん かおう. 
四月 二十八日 日蓮 花押. 

しいち しろう どのえ. 
椎地 四郎 殿え. 


○椎地四郎殿御書 ひらがな文へ

■椎地四郎殿御書 背景と大意へ

◇椎地四郎殿御書 目次へ

総合案内へ

ブログトップへ
[PR]
by hiraganagosho | 2013-06-03 06:28 | 椎地四郎殿御書