立正あんこく論 (安国論) ひらがな文13

○立正あんこく論 ひらがな文 13

きゃくの いわく 
こんじょう ごしょう だれか つつしまざらん だれか したがわざらん 
この きょうもんを ひらいて つぶさに ぶつごを うけたまわるに ひぼうの とが いたって おもく きぼうの つみ まことに ふかし. 
われ いちぶつを しんじて しょぶつを なげうち さんぶきょうを あおいで しょきょうをさしおきしは これ しきょくの おもいに あらず 
すなわち せんだつの ことばに したがいしなり 
じゅっぽうの しょにんも また また かくの ごとく なるべし 
いまの よには しょうしんを ろうし らいせには あびに だせんこと もん あきらかに り つまびらかなり うたがう べからず 
いよいよ きこうの じかいを あおぎ ますます ぐきゃくの ちしんを ひらけり 
すみやかに たいじを めぐらして はやく たいへいを いたし まず しょうぜんを やすんじて さらに ぼつごを たすけん 
ただ わが しんずるのみに あらず また たの あやまりをも いましめんのみ 

○ひらがな文 終了

◎立正あんこく論 ひらがな漢字交互文 13へ

□立正あんこく論 語句解説 13へ

◇立正あんこく論 目次へ 

ブログトップへ 
[PR]
by hiraganagosho | 2013-03-16 21:45 | 立正あんこく論