立正あんこく論 (安国論) ひらがな文12

○立正あんこく論 ひらがな文 12

しゅじん よろこんで いわく 
はと けして たかと なり すずめ へんじて はまぐりと なる 
よろこばしきかな なんじ らんしつの ともに まじわりて まほの しょうと なる 
まことに その なんを かえりみて もっぱら この ことばを しんぜば 
かぜ やわらぎ なみ しずかにして ふじつに ほうねんならん 
ただし ひとの こころは ときに したがって うつり ものの しょうは きょうに よって あらたまる 
たとえば なお すいちゅうの つきの なみに うごき じんぜんの いくさの つるぎに なびくが ごとし 
なんじ とうざに しんずと いえども のち さだめて ながく わすれん 
もし まず こくどを やすんじて げんとうを いのらんと ほっせば すみやかに じょうりょを めぐらし いそいで たいじを くわえよ 

ゆえんは いかん 
やくしきょうの しちなんの うち ごなん たちまちに おこり になん なお のこれり 
いわゆる たこく しんぴつの なん じかいほんぎゃくの なんなり 
だいしっきょうの さんさいの うち 2さい はやく あらわれ いっさい いまだ おこらず いわゆる ひょうかくの さいなり 
こんこうみょうきょうの うちの しゅじゅの さいか いち いち おこると いえども 
たほうの おんぞく こくないを しんりゃくする この さい いまだ あらわれず この なん いまだ きたらず 
にんのうきょうの しちなんの うち 6なん いま さかんにして いちなん いまだ げんぜず 
いわゆる しほうの ぞく きたって くにを おかすの なんなり 
しかのみならず こくど みだれん ときは まず きじん みだる きじん みだるるが ゆえに ばんみん みだる と 

いま この もんに ついて つぶさに ことの こころを あんずるに ひゃっき はやく みだれ ばんみん おおく ほろぶ 
せんなん これ あきらかなり こうさい なんぞ うたがわん. 
もし のこる ところの なん あくほうの とがに よって ならび おこり きそい きたらば その とき いかんが せんや 

ていおうは こっかを もといとして てんかを おさめ じんしんは でんえんを りょうしてせじょうを たもつ 
しかるに たほうの ぞく きたって その くにを しんぴつし じかいほんぎゃくして そのちを りゃくりょうせば あに おどろかざらんや あに さわがざらんや 
くにを うしない いえを めっせば いずれの ところにか よを のがれん 

なんじ すべからく いっしんの あんどを おもわば まず しひょうの せいしつを いのらん ものか 
なかんずく ひとの よに あるや おのおの ごしょうを おそる 
これを もって あるいは じゃきょうを しんじ あるいは ほうぼうを たっとぶ 
おのおの ぜひに まようことを にくむと いえども しかも なお ぶっぽうに きすることを かなしむ 
なんぞ おなじく しんじんの ちからを もって みだりに じゃぎの ことばを あがめんや 
もし しゅうしん ひるがえらず また きょくい なお そんせば はやく ういの さとを じして かならず むけんの ごくに おちなん 

ゆえんは いかん だいしっきょうに いわく 
「もし こくおう あって むりょうせに おいて せかいえを しゅうすとも わが ほうの めっせんを みてすてて おうごせずんば かくの ごとく うゆる ところの むりょうの ぜんこん ことごとく みな めっしつし 
ないし その おう ひさしからずして まさに じゅうびょうに あい じゅじゅうの のち だいじごくに しょうずべし 
おうの ごとく ふじん たいし だいじん じょうしゅ ちゅうし ぐんしゅ さいかんも また また かくの ごとく ならん」と 

にんのうきょうに いわく 
「ひと ぶっきょうを やぶらば また こうしなく ろくしん ふわにして てんりゅうも たすけず 
しつえき あっき ひに きたって しんがいし 
さい げ しゅびし れんか じゅうおうし しして じごく がき ちくしょうに いらん 
もし いでて ひとと ならば ひょうぬの かほう ならん. 
ひびきの ごとく かげの ごとく ひとの よる かくに ひは めっすれども じは そんするが ごとく さんがいの かほうも また また かくの ごとし」と 

ほけきょうの だい 2に いわく 
「もし ひと しんぜずして この きょうを きぼうせば ないし その ひと みょうじゅうして あびごくに いらん」と 
どう だい 7のかん ふぎょうほんに いわく 「せんごう あびじごくに おいて だいくのうを うく」と 

ねはんぎょうに いわく 
「ぜんゆうを おんりし しょうほうを きかず あくほうに じゅうせば この いんねんの ゆえに ちんぼつして あびじごくに あって うくる ところの しんぎょう じゅうおう 8まん4千 ゆえん ならん」と 
ひろく しゅうきょうを ひらきたるに もっぱら ほうぼうを おもんず 
かなしいかな みな しょうほうの もんを いでて ふかく じゃほうの ごくに いる 
おろかなるかな おのおの あっきょうの つなに かかって とこしなえに ぼうきょうの あみに まつわる 
この もうむの まよい かの じょうえんの そこに しずむ あに うれえざらんや あにくるしまざらんや 
なんじ はやく しんこうの すんしんを あらためて すみやかに じつじょうの いちぜんにきせよ 
しかれば すなわち さんがいは みな ぶっこくなり ぶっこく それ おとろえんや じゅっぽうは ことごとく ほうどなり ほうどなんぞ こわれんや 
くにに すいび なく どに はえ なくんば みは これ あんぜん こころは これ ぜんじょうならん 
この ことば この ことば しんず べく あがむ べし 

○次のひらがな文 13へ

◎立正あんこく論 ひらがな漢字交互文 12へ

□立正あんこく論 語句解説 12へ

◇立正あんこく論 目次へ

ブログトップへ 
[PR]
by hiraganagosho | 2013-03-16 21:42 | 立正あんこく論