立正あんこく論 (安国論) ひらがな文11

○立正あんこく論 ひらがな文 11

きゃくの いわく 
もし ほうぼうの やからを だんじ もし ぶっきんの いを ぜっせんには かの きょうもんの ごとく ざんざいに おこなう べきか  
もし しからば さつがい あい くわわって ざいごう いかんが せんや 
すなわち だいしつきょうに いわく. 
「こうべを そり けさを ちゃくせば じかい および きかいをも てんにん かれを くようすべし 
すなわち われを くようするに なりぬ これ わがこなり もし かれを かだすること あれば すなわち わが こを うつに なりぬ」 

もし かれを めにくせば すなわち われを きにくするに なりぬ 
はかり しらんぬ ぜんあくを ろんぜず ぜひを えらぶこと なく そうりょ ならんに おいては くようを のぶべし  
なんぞ その こを だにくして かたじけなくも その ちちを ひあいせしめん かの ちくじょうの もくれんそんじゃを がいせしや 
ながく むけんの そこに しずみ だいばだったの れんげびくにを ころせしや 
ひさしく あびの ほのおに むせぶ 
せんしょう これ あきらかなり こうこん もっとも おそれあり 
ほうぼうを いましむるには にたれども すでに きんげんを やぶる このこと しんじがたし いかんが こころえんや 

しゅじんの いわく 
きゃく あきらかに きょうもんを みて なお その ことばを なす 
こころの およばざるか りの つうぜざるか 
まったく ぶっしを いましむるには あらず ただ ひとえに ほうぼうを にくむなり 
それ しゃかの いぜん ぶっきょうは その つみを きると いえども のうにんの いご きょうせつは すなわち その せを とどむ 
しかれば すなわち しかい ばんぽう いっさいの ししゅう その あくに ほどこさず 
 みな この ぜんに きせば いかなる なんか ならび おこり いかなる わざわいか きそい おこらん 


きゃく すなわち せきを さけ えりを つくろいて いわく 
ぶっきょう かく まちまちにして ししゅ きわめ がたく ふしん たたんにして り ひ あきらかならず 
ただし ほうねんしょうにんの せんちゃく げんざいなり しょぶつ しょきょう しょぼさつ しょてんとうを もって しゃへいかくほうと のす その もん けんねんなり 
これに よって しょうにん くにを さり ぜんじん ところを すてて てんか きかつし  せじょう えきびょうす と 
いま しゅじん ひろく きょうもんを ひいて あきらかに り ひを しめす 
ゆえに もうしゅう すでに ひるがえり じ もく しばしば ほがらかなり 
しょせん こくどたいへい てんかあんのんは いちにんより ばんみんに いたるまで このむところなり ねがう ところなり 
はやく いっせんだいの せを とどめ ながく しゅう そう にの くを いたし  
ぶっかいの はくろうを おさめ ほうざんの りょくりんを きらば よは ぎのうの よと なり くには とうぐの くにと ならん 
しかして のち ほっすいの せんじんを しんしゃくし ぶっけの とうりょうを すうちょうせん 

○次のひらがな文 12へ

◎立正あんこく論 ひらがな漢字交互文 11へ

□立正あんこく論 語句解説 11へ

◇立正あんこく論 目次へ 

ブログトップへ 
[PR]
by hiraganagosho | 2013-03-16 21:37 | 立正あんこく論