立正あんこく論 (安国論) ひらがな文8

○立正あんこく論 ひらがな文 8

しゅじん えみ とどめて いわく 
からきことを たでの はに ならい くさき ことを かわやに わする 
ぜんげんを きいて あくげんと おもい ぼうしゃを さして しょうにんと いい しょうしを うたがって あくりょに ぎす 
その まよい まことに ふかく その つみ あさからず 
ことの おこりを きけ くわしく その おもむきを だんぜん 
しゃくそん せっぽうの うち いちだいごじの あいだに せんごを たてて ごんじつを べんず 
しかるに どんらん どうしゃく ぜんどう すでに ごんに ついて じつを わすれ さきに よって のちを すつ 
いまだ ぶっきょうの えんでいを さぐらざる ものなり 
なかんずく ほうねんは その ながれを くむと いえども その みなもとを しらず ゆえんは いかん  

だいじょうきょうの 637ぶ 2883かん ならびに いつさいの しょぶつ ぼさつ および もろもろの せ てん とうを もって しゃへいかくほうの じを おいて いっさいしゅじょうの こころを かろんず 
これ ひとえに しきょくの ことばを のべて まったく ぶっきょうの せつを みず もうごの いたり あっくの とが いうても ならびなし せめても あまり あり. 
ひと みな その もうごを しんじ ことごとく かの せんちゃくを とうとぶ 
ゆえに じょうどの さんきょうを あがめて しゅうきょうを なげう ちごくらくの いちぶつを あおいで しょぶつを わする 
まことに これ しょぶつ しょきょうの おんてき せいそう しゅうじんの しゅうてきなり 
この じゃきょう ひろく はっこうに ひろまり あまねく じゅっぽうに へんす 
そもそも きんねんの さいなんを もって おうだいを なんずるの よし あながちに これをおそる 
いきさきか せんれいを ひいて なんじが まよいを さとすべし 
しかん だい2に しきを ひいて いわく 「しゅうの まつに ひほつ たんしん れいどに よらざるものあり」 
ぐけつの だい2に この もんを しゃくするに さでんを ひいて いわく 
「はじめ へいおうの ひがしに うつりしに いせんに かみを かぶろにする ものの のに おいて まつるを みる 
しきしゃの いわく ひゃくねんに およばじ その れい まず ほろびぬ」と
ここに しらんぬ しるし まえに あらわれ わざわい のちに いたることを 
また げんせきが いつざい なりしに ほうとう さんたいす のちに くげの しそん みなこれに ならいて
どこう あい はずかしむる ものを まさに しぜんに たっすと いい そんせつ こうじする ものを よんで でんしゃと なす 
これを しば しの めっする そうと なす 

また じかくだいしの にっとうじゅんれいきを あんずるに いわく 
「とうの ぶそうこうてい えしょう がんねん みことのりして しょうきょうじの きょうぞうほっしをして しょじに おいて みだ ねんぶつの おしえを つたえしむ 
てら ごとに みっか じゅんりん すること たえず 
どう にねん かいこつこくの ぐん へい とう とうの さかいを おかす  
どう さんねん かほくの せつど し たちまち らんを おこす 
その ご だいばんこく また めいを こばみ かいこつこく かさねて ちを うばう 
およそ へいらん しんこうの よに おなじく さいか ゆうりの あいだに おこる 
いかに いわんや ぶそう おおいに ぶっぽうを はし おおく じとうを めっす らんを おさむること あたわずして ついに もって ことあり」 
これを もって これを おもうに ほうねんは ごとばいんの ぎょう けんにん ねんちゅうの ものなり 
かの いんの おんこと すでに がんぜんに あり しかれば すなわち だいとうに れいをのこし わが ちょうに しるしを あらわす 
なんじ うたがうこと なかれ なんじ あやしむこと なかれ 
ただ すべからく きょうを すてて ぜんに きし みなもとを ふさぎ ねを たつべし 

○次のひらがな文 9へ

◎立正あんこく論 ひらがな漢字交互文 8へ

□立正あんこく論 語句解説 8へ

◇立正あんこく論 目次へ 

ブログトップへ 
[PR]
by hiraganagosho | 2013-03-16 20:56 | 立正あんこく論