立正あんこく論 (安国論) ひらがな文6

○立正あんこく論 ひらがな文 6

しゅじんのいわく 
ごとばいんの ぎょうに ほうねんと いうもの あり せんちゃくしゅうを つくる 
すなわち いちだいの しょうきょうを はし あまねく じゅっぽうの しゅじょうを まよわす 

その せんちゃくに いわく 
どうしゃくぜんじ しょうどう じょうどの にもんを たて しょうどうを すてて ただしく じょうどに きするの もん 
はじめに しょうどうもんとは これに ついて 2 あり  
ないし これに じゅんじ これを おもうに まさに みつだい および じつだいをも ぞんすべし 
しかれば すなわち いまの しんごん ぶっしん てんだい けごん さんろん ほっそう じろん じょうろん これらの はっけの い ただしく ここに あるなり 
どんらんほっし おうじょうろんの ちゅうに いわく つつしんで りゅうじゅぼさつの じゅうじゅうびばしゃを あんずるに いわく 
ぼさつ あびばっちを もとむるに 2しゅの みち あり 
1には なんぎょうどう 2には いぎょうどう なり 
このなか なんぎょうどうとは すなわち これ しょうどうもんなり いぎょうどうとは すなわち これ じょうどもん なり 
じょうどしゅうの がくしゃ まず すべからく この むねを しるべし 
たとい さきより しょうどうもんを まなぶ ひとなりと いえども もし じょうどもんに おいて その こころざし あらん ものは すべからく しょうどうを すてて じょうどに きすべし 
また いわく ぜんどうわじょう しょうぞうの 2ぎょうを たて ぞうぎょうを すてて しょうぎょうに きするの もん 
だいいちに どくじゅぞうぎょうとは かみの かんぎょうとうの おうじょう じょうどのきょうを のぞいて 
いげ だいしょうじょう けんみつの しょきょうに おいて じゅじ どくじゅするを ことごとく どくじゅぞうぎょうと なずく 
だいさんに らいはいぞうぎょうとは かみの みだを らいはいするを のぞいて 
いげ いっさいの しょぶつぼさつ とう および もろもろの せてん とうに おいて らいはいし くぎょうするを ことごとく らいはいぞうぎょうと なずく 
わたくしに いわく この もんを みるに すべからく ぞうを すてて せんを しゅうすべし 
あに ひゃく そく ひゃくしょうの せんしゅう しょうぎょうを すてて かたく せんちゅうむいちの ぞうしゅう ぞうぎょうを しゅうせんや 
ぎょうじゃ よく これを しりょうせよ
 
また いわく じょうげん にゅうぞうろくの なかに はじめ だいはんにゃきょう 600かんより ほうじょうじゅうきょうに おわるまで 
けんみつの だいじょうきょう そうじて 637ぶ 2883かんなり 
みな すべからく どくじゅ だいじょうの いっくに しょうすべし 
まさに しるべし ずいたの まえには しばらく じょうさんの もんを ひらくと いえども ずいじの あとには かえって じょうさんの もんを とず 
ひとたび ひらいて いご ながく とじざるは ただ これ ねんぶつの いちもんなりと 
また いわく ねんぶつの ぎょうじゃ かならず さんじんを ぐそくすべきの もん 
かんむりょうじゅきょうに いわく どうきょうの じょに いわく 
とうて いわく もし げぎょうの ふどう じゃぞうの ひと とう あって げじゃいけんの なんを ふせがん 
あるいは ゆくこと 1ぶん 2ぶんにして ぐんぞくとう よび かえすとは すなわち べつげ べつぎょう あっけんの ひと とうに たとう 
しに いわく また この なかに いっさいの べつげ べつぎょう いがく いけん とうと いうは これ しょうどうもんを さす 
また さいご けっくの もんに いわく 
「それ すみやかに しょうじを はなれんと ほっせば 2しゅの しょうほうの なかに しばらく しょうどうもんを さしおきて えらんで じょうどもんに いれ 
じょうどもんに いらんと ほっせば しょうぞう 2ぎょうの なかに しばらく もろもろの ぞうぎょうを なげうちて えらんで まさに しょうぎょうに きすべし」 

これに おいて これを みるに どんらん どうしゃく ぜんどうの みょうしゃくを ひいて しょうどう じょうど なんぎょう いぎょうの むねを たて 
ほっけ しんごん そうじて いちだいの だいじょう 637ぶ 2883かん いっさいの しょぶつ ぼさつ および もろもろの せてん とうを もって 
みな しょうどう なんぎょう ぞうぎょう とうに せっして 
あるいは すて あるいは とじ あるいは さしおき あるいは なげうつの 4じを もって おおく いっさいを まどわし 
あまつさえ さんごくの せいそう じゅっぽうの ぶっていを もって みな ぐんぞくと ごうし あわせて めり せしむ 
ちかくは しょえの じょうどの さんぶきょうの ゆいじょ ごぎゃく ひぼう しょうほうの せいもんに そむき 
とおくは いちだい ごじの かんじんたる ほけきょうの だい2の 
「もし ひと しんぜずして この きょうを きぼうせば ないし そのひと いのち おわって あびごくに いらん」の かいもんに まよう ものなり 
ここに おいて よ まつだいに および ひと しょうにんに あらず おのおの みょうくに いって ならびに じきどうを わする 
かなしいかな どうもうを うたず いたましいかな いたずらに じゃしんを もよおす 
ゆえに かみ こくおうより しも どみんに いたるまで 
みな きょうは じょうどさんぶの ほかの きょう なく ほとけは みだ さんぞんの ほかの ほとけ なしと おもえり 

よって でんぎょう ぎしん じかく ちしょうとう あるいは ばんりの はとうを わたって わたせし ところの しょうきょう 
あるいは いっちょうの さんせんを めぐりて あがむる ところの ぶつぞう もしくは こうざんの いただきに けかいを たてて もって あんちし 
もしくは しんこくの そこに れんぐうを たてて もって すうちょうす 
しゃか やくしの ひかりを ならぶるや 
いを げんとうに ほどこし こくう じぞうの けを なすや やくを しょうごに こうむらしむ 
ゆえに こくおうは ぐんごうを よせて もって とうしょくを あきらかにし じとうは でんえんを あてて もって くように そなう 

しかるを ほうねんの せんちゃくに よって すなわち きょうしゅを わすれて 
さいどの ぶっだを たっとび ふぞくを なげうって とうほうの にょらいを さしおき 
ただ 4かん 3ぶの きょうてんを もっぱらにして むなしく いちだい ごじの みょうてんを なげうつ 
これを もって みだの どうに あらざれば みな くぶつの こころざしを やめ ねんぶつの ものに あらざれば はやく せそうの おもいを わする  
ゆえに ぶっどう れいらくして がしょうの けむり おい そうぼう こうはいして ていそうの つゆ ふかし 
しかりと いえども おのおの ごしゃくの こころを すてて ならびに こんりゅうの おもいを はいす 
これを もって じゅうじの せいそう ゆいて かえらず しゅごの ぜんじん さって きたる ことなし 
これ ひとえに ほうねんの せんちゃくに よるなり 
かなしいかな すうじゅうねんの あいだ ひゃくせんまんの ひと まえんに とろかされて おおく ぶっきょうに まよえり 
ぼうを このんで せいを わする ぜんじん いかりを なさざらんや 
えんを すてて へんを このむ あっき たよりを えざらんや 
しかず かの ばんきを しゅうせんよりは この いっきょうを きんぜんには 

○次のひらがな文 7へ

◎立正あんこく論 ひらがな漢字交互文 6へ

□立正あんこく論 語句解説 6へ

◇立正あんこく論 目次へ 

ブログトップへ 
[PR]
by hiraganagosho | 2013-03-16 18:45 | 立正あんこく論