立正あんこく論 (安国論) ひらがな文 5

○立正あんこく論 ひらがな文5
(ごしょ20ページ18行目から22ページ1行目)

しゅじん さとして いわく ぶっかく いらかを つらね きょうぞう のきを ならべ 
そうは ちくいの ごとく りょは とうまに にたり 
そうじゅう とし ふり そんき ひに あらたなり 
ただし ほっしは てんごくにして じんりんを めいわくし 
おうしんは ふかくにして じゃしょうを べんずること なし 

にんのうきょうに いわく 「もろもろの あくびく おおく みょうりを もとめ 
こくおう たいし おうじの まえに おいて みずから はぶっぽうの いんねん はこくの いんねんを とかん 
そのおう わきまえずして このごを しんちょうし よこしまに ほうせいを つくって ぶっかいに よらず 
これを はぶつ はこくの いんねんと なす」

ねはんぎょうに いわく 「ぼさつ あくぞうとうに おいては こころに くふすることなかれ 
あくちしきに おいては ふいの こころを しょうぜよ 
あくぞうの ために ころされては さんしゅに いたらず あくゆうの ために ころされては かならず さんしゅに いたる」 

ほけきょうに いわく 
「あくせの なかの びくは じゃちにして こころ てんごくに いまだ えざるを これ えたりと おもい がまんの こころ じゅうまんせん 
あるいは あれんにゃに のうえにして くうげんに あり 
みずから しんの みちを ぎょうずと おもいて にんげんを きょうせんするもの あらん 
りように とんじゃくするが ゆえに びゃくえのために ほうを といて 
よに くぎょう せらるること ろくつうの らかんの ごとく ならん 
ないし つねに たいしゅうの なかに あって われらを そしらんと ほっするが ゆえに 
こくおう だいじん ばらもん こじ および よの びく しゅうに むかって ひぼうして 
わが あくを といて これ じゃけんのひと げどうの ろんぎを とくと いわん 
じょくこう あくせの なかには おおく もろもろの くふ あらん 
あっき そのみに いって われを めりし きにくせん 
じょくせの あくびくは ほとけのほうべん ずいき しょせつの ほうを しらず あっくして ひんしゅくし しばしば ひんずい せられん」 

ねはんぎょうに いわく 「われ ねはんののち むりょう ひゃくさい しどうの しょうにん ことごとく また ねはんせん 
しょうほう めっして のち ぞうほうの なかに おいて まさに びく あるべし 
じりつに じぞうして すこしく きょうを どくじゅし おんじきを とんしして 
そのみを ちょうようし けさを ちゃくすと いえども 
なお りょうしの ほそめに みて しずかに ゆくが ごとく ねこの ねずみをうかがうが ごとし 
つねに このげんを となえん われ らかんを えたりと 
そとには けんぜんを あらわし うちには とんしつを いだく あほうを うけたる ばらもんとうの ごとし 
じつには しゃもんに あらずして しゃもんの かたちを げんじ 
じゃけん しじょうにして しょうほうを ひぼうせん」 
もんに ついて よを みるに まことににて しかなり 
あくりょを いましめずんば あに ぜんじを なさんや 

きゃく なお いきどおりて いわく 
めいおうは てんちに よって けを なし せいじんは りひを さっして よをおさむ 
せじょうの そうりょは てんかの きする ところなり 
あくりょに おいては めいおう しんず べからず しょうにんに あらずんば けんてつ あおぐ べからず 
いま けんせいの そんちょうせるを もって すなわち りゅうぞうの かるからざるを しんぬ 
なんぞ もうげんを はいて あながちに ひぼうを なし 
だれびとを もって あくびくと いうや いさいに きかんと ほっす 

○ひらがな文 6へ

◎立正あんこく論 ひらがな漢字交互文 5へ

□立正あんこく論 語句解説 5へ

◇立正あんこく論 目次へ 

ブログトップへ
[PR]
by hiraganagosho | 2012-12-30 07:26 | 立正あんこく論