立正あんこく論 (安国論) ひらがな文3

○立正あんこく論 ひらがな文3

しゅじんの いわく そのもん はんたにして そのしょう ぐばくなり 

こんこうみょうきょうに いわく 「そのこくどに おいて このきょう ありといえども いまだかつて るふせしめず 
しゃりの こころを しょうじて ちょうもんせんことを ねがわず 
また くようし そんちょうし さんたんせず 
しぶのしゅう じきょうの ひとを みて また また そんちょうし ないし くようすること あたわず 
ついに われら および よの けんぞく むりょうの しょてんをして 
この じんじんの みょうほうを きくことを えざらしめ かんろの あじに そむき しょうほうの ながれを うしない 
いこう および せいりょく あること なからしむ 
あくしゅを ぞうちょうし にんてんを そんげんし しょうじの かわに おちて ねはんの みちに そむかん 
せそん われら しおう ならびに もろもろの けんぞく および やしゃとう かくの ごときことを みて そのこくどを すてて おうごの こころなけん 
ただ われらのみ このおうを しゃきするに あらず 
かならず むりょうの こくどを しゅごする しょだいぜんじん あらんも みな ことごとく しゃこせん 
すでに しゃりし おわりなば そのくに まさに しゅじゅの さいか あって こくいを そうしつすべし
いっさいの にんしゅう みな ぜんしんなく ただ けいばく さつがい しんじょうのみ あって 
たがいに あい ざんてんし まげて つみなきに およばん 
えきびょう りゅうこうし すいせい しばしば いで りょうじつならび げんじ はくしょく つねなく 
こくびゃくの にこう ふしょうの そうを あらわし ほし ながれ ち うごき いのうちに こえをはっし 
ぼうう あくふう じせつによらず つねに ききんにあって みょうじつ みのらず 
おおく たほうの おんぞくあって こくないを しんりゃくし じんみん もろもろの くのうを うけ  
とち しょらくのところ あることなけん」 

だいしっきょうに いわく 「ぶっぽう じつに おんもつせば しゅ ほつ そう みな ながく しょほうも また もうしつせん 
そのとき こくうのなかに だいなる こえあって ちを ふるい いっさい みな あまねく うごかんこと なお すいじょうりんの ごとくならん   
じょうへき やぶれ おち くだり おくう ことごとく やぶれ さけ じゅりんの ね えだ よう けよう か やく つきん 
ただ じょうこてんを のぞいて よっかいの いっさいしょの しちみ さんしょうけ そんげんして あまりあること なけん 
げだつの もろもろの ぜんろん そのとき いっさい つきん  
しょしょうの けかの あじわい きしょうにして また うまからず 
しょうの せいせんち いっさい ことごとく こかくし とちことごとく かんろし てきれつして きゆうかんと ならん 
しょざん みな しょうねんして てんりゅう あめを ふらさず みょうけも みな こしし しょうずるもの みな しし つき よそう さらに しょうぜず 
つちを ふらし みな こんあんに にちげつも みょうを げんぜず 
しほう みな こうかんして しばしば しょあく ずいを げんじ 
じゅうふぜんごうのどう とん じん ち ばいぞうして しゅじょう ふぼに おける これをみること しょうろくのごとくならん 
しゅじょう および じゅみょう しきりき いらく げんじ  
にんてんのらくを おんりし みな ことごとく あくどうにだせん 
かくのごとき ふぜんごうの あくおう あくびく わが しょうほうを きえし てんにんのみちを そんげんし 
しょてんぜんじん おうのしゅじょうを ひみんするもの このじょくあくの くにを すてて みな ことごとく よほうに むかわん」

にんのうきょうに いわく 
「こくど みだれん ときは まず きじん みだる きじん みだるるがゆえに ばんみん みだる 
ぞく きたって くにを おびやかし ひゃくせい もうそうし しん くん たいし おうじ ひゃっかん ともに ぜひを しょうぜん 
てんち けいし にじゅうはっしゅく せいどう にちがつ ときをうしない どをうしない おおく ぞく おこること あらん」と 
また いわく 「われ いま ごげんを もって あきらかに さんぜを みるに 
いっさいのこくおうは みな かこのよに ごひゃくのほとけに つかえるによって ていおう しゅと なることを えたり 
ここをもって いっさいのしょうにん らかん しかも ために かのこくどのなかに らいしょうして だいりえきを なさん 
もし おうのふく つきんときは いっさいのしょうにん みな ために すてさらん 
もし いっさいのしょうにん さらんときは しちなん かならず おこらん」 

やくしきょうに いわく 「もし せつていり かんちょうおう とうの さいなん おこらんとき 
いわゆる にんしゅうしつえきのなん たこくしんぴつのなん じかいほんぎゃくのなん せいしゅくへんげのなん にちがつはくしょくのなん ひじふううのなん かじふうのなん あらん」 

にんのうきょうに いわく 
「だいおう わが いま けするところの ひゃくおくのしゅみ ひゃくおくのにちげつ いちいちのしゅみに してんげあり 
その なんえんぶだいに じゅうろくのたいごく ごひゃくのちゅうごく じゅうせんのしょうごく あり 
そのこくどのなかに ななつの おそるべき なん あり 
いっさいのこくおう これを なんと なすがゆえに いかなるを なんとなす
にちがつどをうしない じせつほんぎゃくし あるいは せきじついで こくじついで に さん よん ごのひ いで 
あるいは にっしょくして ひかりなく 
あるいは にちりん いちじゅう に さん よん ごじゅうりん げんずるを いちの なんと なすなり 
にじゅうはっしゅく どを うしない 
きんせい すいせい りんせい きせい かせい すいせい ふうせい ちょうせい なんじゅ ほくと ごちんのたいせい 
いっさいの こくしゅせい さんこうせい ひゃっかんせい かくのごとき しょせい 
おのおの へんげんするを にのなんと なすなり 
たいか くにを やき ばんせい しょうじんせん 
あるいは きか りゅうか てんか さんじんか じんか じゅもくか ぞくか あらん 
かくのごとく へんげするを さんのなんと なすなり 
たいすい ひゃくせいを ひょうもつし じせつ ほんぎゃくして 
ふゆあめふり なつゆきふり とうじに らいでん へきれきし 
ろくがつに ひょう そう はくを ふらし しゃくすい こくすい せいすいを ふらし 
どざん せきざん をふらし さりゃくせきを ふらす 
こうが ぎゃくに ながれ やまを うかべ いしを ながす 
かくのごとく へんずるときを よんのなんと なすなり 
たいふう ばんせいを ふきころし こくど さんが じゅもく いちじに めつぼつし 
ひじの たいふう こくふう せきふう せいふう てんふう ちふう かふう すいふう あらん 
かくのごとく へんずるを ごのなんと なすなり 
てんち こくど こうようし えんか どうねんとして ひゃくそう こうかんし 
ごこく みのらず とち かくねんと ばんせい めつじんせん
かくのごとく へんずる ときを ろくのなんと なすなり
しほうの ぞく きたって くにを おかし ないがいの ぞくおこり 
かぞく すいぞく ふうぞく きぞく ありて ひゃくせい こうらんし とうひょうこう おこらん 
かくのごとく けするときを しちのなんと なすなり」 

だいしつきょうに いわく 
「もし こくおう あって むりょうせに おいて せかいえを しゅうすとも 
わが ほうの めっせんを みて すてて おうご せずんば 
かくのごとく うゆる ところの むりょうの ぜんこん ことごとく みな めつしつして そのくに まさに みつの ふしょうのこと あるべし 
いちには こっき にには ひょうかく さんには えきびょうなり 
いっさいの ぜんじん ことごとく これを しゃりせば その おう きょうれいすとも ひと ずいじゅうせず 
つねに りんごくの しんにょうする ところとならん 
ぼうか よこしまに おこり あくふうう おおく ぼうすい ぞうちょうして じんみんを ふき ただよわし 
ないがいの しんせき それ ともに むほんせん 
そのおう ひさしからずして まさに じゅうびょうに あい いのち おわるの のち だいじごくの なかに しょうずべし 
ないし おうのごとく ふじん たいし だいじん じょうしゅ ちゅうし ぐんじゅ さいかんも またまた かくのごとく ならん」 
それ しきょうの もん あきらかなり まんにん だれか うたがわん 
しかるに もうこのやから めいわくのひと みだりに じゃせつを しんじて せいきょうを わきまえず 
ゆえに てんか せじょう しょぶつ しゅうきょうに おいて しゃりの こころを しょうじておうごの こころざし なし 
よって ぜんじん しょうにん くにを すて ところを さる  
これを もって あっき げどう さいを なし なんを いたす 

○次のひらがな文 4へ

◎立正あんこく論 ひらがな漢字交互文 3へ

□立正あんこく論 語句解説 3へ

◇立正あんこく論 目次へ

ブログトップへ
[PR]
by hiraganagosho | 2012-12-19 06:49 | 立正あんこく論