立正あんこく論 (安国論) ひらがな文 2

○りっしょうあんこくろん ひらがな文2

しゅじんの いわく ひとり このことを うれいて くおくに ふんぴす 

きゃく きたって ともに なげく しばしば だんわを いたさん 

それ しゅっけして みちにいる ものは ほうに よって ほとけを ごするなり 
しかるに いま しんじゅつも かなわず ぶついも しるしなし 
つぶさに とうせの ていを みるに ぐにして こうせいの うたがいを おこす 
しかれば すなわち えんぶを あおいで うらみを のみ ほうざいに ふして うらおもいを ふかくす 
つらつら びかんを かたむけ いささか きょうもんを ひらきたるに 
よ みな しょうに そむき ひと ことごとく あくに きす 
ゆえに ぜんじんは くにをすてて あいさり しょうにんは ところを じして かえりたまわず 
これを もって ま きたり き きたり さい おこり なん おこる 
いわずんば あるべからず おそれずんば あるべからず 

きゃくのいわく てんかの わざわい こくちゅうの なん よ ひとり なげく のみに あらず しゅう みな かなしむ 
いま らんしつに はいって はじめて ほうしを うけたまわるに 
じんしょう さり じし さいなん ならびおこるとは いずれの きょうに いでたるや その しょうこを きかん 

○次のひらがな文 3へ

◎立正あんこく論 ひらがな漢字交互文 2へ

□立正あんこく論 語句解説 2へ

◇立正あんこく論 目次へ

ブログトップへ
[PR]
by hiraganagosho | 2012-11-23 21:17 | 立正あんこく論