立正あんこく論 (安国論) ひらがな文1

○りっしょう あんこくろん ひらがな文1

ぶんおう がんねん しちがつ 
にちれんだいしょうにん 39さい おんさく 
あたう ほうじょう ときよりしょ かまくらに おいて 

りょきゃく きたりて なげいて いわく 
きんねんより きんじつに いたるまで 
てんぺんちよう ききんえきれい あまねく てんかに みち 
ひろく ちじょうに はびこる 
ぎゅうば ちまたに たおれ がいこつ みちに みてり 
しを まねくの ともがら すでに たいはんに こえ 
かなしまざるの やから あえて いちにんも なし 

しかるあいだ あるいは りけんそくぜの もんを もっぱらにして さいどきょうしゅの なを となえ 
あるいは しゅうびょうしつじょの がんを たもちて とうほうにょらいの きょうを ずし 
あるいは びょうそくしょうめつ ふろうふしの ことばを あおいで ほっけしんじつの みょうもんを あがめ 
あるいは しちなんそくめつ しちふくそくしょうの くを しんじて ひゃくざひゃっこうの ぎを ととのえ 
あるは ひみつしんごんの きょうに よって ごびょうの みずを そそぎ 
あるは ざぜんにゅうじょうの ぎを まっとうして くうかんの つきを すまし 
もしくは しちきじんの なを しょして せんもんに おし 
もしくは ごだいりきの かたを ずして ばんこに かけ 
もしくは てんじんちぎを はいして しかくしかいの さいしを くわだて 
もしくは ばんみんひゃくせいを あわれんで こくしゅ こくさいの とくせいを おこなう 

しかりと いえども ただ かんたんを くだくのみにして 
いよいよ きえきに せめられ 
こつきゃく めに あふれ しにん まなこに みてり 
ふせる しかばねを ものみと なし 
ならべる かばねを はしと なす 
おもんみれば それ じりへきを あわせ ごい たまを つらぬ  
さんぽうも よに いまし ひゃくおう いまだ きわまらざるに 
このよ はやく おとろえ その ほう なんぞ すたれたる 
これ いかなる わざわいに より これ いかなる あやまりに よるや 

○次のひらがな文 2へ

◎立正あんこく論 ひらがな漢字交互文 1へ

□立正あんこく論 語句解説 1へ

◇立正あんこく論 目次へ

ブログトップへ
[PR]
by hiraganagosho | 2012-11-11 20:54 | 立正あんこく論