一生成仏抄 (ひらがな文)

○いっしょうじょうぶつしょう

けんちょう7年 
にちれんだいしょうにん 34さい おんさく 
あたう とき じょうにん 

それ むしのしょうじを とどめて このたび けつじょうして 
むじょうぼだいを しょうせんと おもわば 
すべからく しゅじょうほんぬの みょうりを かんずべし 
しゅじょうほんぬの みょうりとは みょうほうれんげきょう これなり 
ゆえに みょうほうれんげきょうと となえ たてまつれば 
しゅじょうほんぬの みょうりを かんずるにて あるなり 
もんりしんしょうの きょうおう なれば もんじ そく じっそうなり 
じっそう そく みょうほうなり 
ただ いわゆる いっしん ほうかいの むねを ときあらわすを みょうほうと なずく 
ゆえに このきょうを しょぶつの ちえとは いうなり 
いっしんほうかいの むねとは じゅっかい 三千の えしょうしきしん ひじょうそうもく 
こくう せつど いずれも のぞかず ちりものこさず 
いちねんの こころに おさめて この いちねんの こころ ほうかいに 
へんまんするを さして ばんぽうとは いうなり 
この りを かくちするを いっしんほうかいとも いうなるべし 
ただし みょうほうれんげきょうと となえ たもつと いうとも 
もし こしんの ほかに ほうありと おもわば まったく みょうほうに あらず そほうなり 
そほうは こんきょうにあらず こんきょうに あらざれば ほうべんなり ごんもんなり 
ほうべん ごんもんの きょうならば じょうぶつの じきどうにあらず 
じょうぶつの じきどうに あらざれば たしょう こうごうの しゅぎょうをへて 
じょうぶつ すべきに あらざる ゆえに いっしょうじょうぶつ かないがたし 
ゆえに みょうほうと となえ れんげと よまんときは わが いちねんをさして  
みょうほうれんげきょうと なずくるぞと ふかく しんじんを おこすべきなり 

すべて いちだいはちまんのせいきょう さんぜじゅっぽうの しょぶつ ぼさつも 
わがこころの ほかに ありとは ゆめゆめ おもうべからず 
しかれば ぶっきょうを ならうといえども しんしょうを かんぜざれば 
まったく しょうじを はなるること なきなり 
もし しんがいに みちをもとめて まんぎょう まんぜんを しゅうせんは 
たとえば びんぐのひと にちやに となりのたからを かぞえ たれども 
はんせんの とくぶんも なきがごとし 
しかれば てんだいの しゃくの なかには 
もし こころを かんぜ ざれば じゅうざい めっせずとて 
もし こころを かんぜざれば むりょうの くぎょうとなると はんぜり 
ゆえに かくのごときの ひとをば 
ぶっぽうを がくして げどうとなると はずかしめられたり 
ここをもって しかんには すいがくぶっきょう げんどう げけんと やくせり 

しかるあいだ ほとけのなをとなえ きょうかんをよみ はなをちらし 
こうを ひねるまでも みな わがいちねんに おさめたる 
くどく ぜんこんなりと しんじんを とるべきなり 
これによって じょうみょうきょうの なかには 
しょぶつの げだつを しゅじょうの しんぎょうに もとめば 
しゅじょう そく ぼだいなり しょうじ そく ねはんなりと あかせり 
また しゅじょうのこころ けがるれば どもけがれ 
こころ きよければ ども きよしとて 
じょうどといい えどと いうも どに 二の へだたりなし 
ただ われらが こころの ぜんあくに よると みえたり 
しゅじょうと いうも 仏と いうも また かくのごとし 
まようときは しゅじょうとなずけ さとるときをば ほとけと なずけたり 
たとえば あんきょうも みがき ぬれば たまと みゆるがごとし 
ただいまも いちねんむみょうの めいしんは みがかざる かがみなり 
これを みがかば かならず ほっしょうしんにょの めいきょうと なるべし 
ふかく しんじんを おこして にちやちょうぼに また おこたらず みがくべし 
いかようにしてか みがくべき ただ なむみょうほうれんげきょうと 
となえ たてまつるを これを みがくとは いうなり 

そもそも みょうとは なんという こころぞや 
ただ わが いちねんの こころ 
ふしぎなる ところを みょうとは いうなり 
ふしぎとは こころも およばず ごも およばずと いうことなり 
しかれば すなわち おこるところの いちねんの こころを たずねみれば 
ありと いわんとすれば いろも しちもなし 
また なしと いわんとすれば さまざまに こころ おこる 
うと おもうべきに あらず むと おもうべきにも あらず 
うむの 二のごも およばず うむの 二の こころも およばず 
うむに あらずして しかも うむに へんして 
ちゅうどう いちじつの みょうたいにして ふしぎなるを みょうとは なずくるなり 
この みょうなる こころをなずけて ほうとも いうなり 
この ほうもんの ふしぎを あらわすに たとえを じほうに かたどりて れんげと なずく 
いっしんを みょうと しりぬれば また てんじて よしんをも みょうほうと 
しるところを みょうきょうとは いうなり 
しかれば すなわち ぜんあくに ついて おこり おこるところの 
ねんしんの とうたいを さして これ みょうほうの たいと 
とき のべたる きょうおう なれば じょうぶつの じきどうとは いうなり 
このむねを ふかく しんじて みょうほうれんげきょうと となえば 
いっしょうじょうぶつ さらに うたがいあるべからず 
ゆえに きょうもんには 
わが めつどの のちにおいて まさに このきょうを じゅじすべし 
このひと ぶつどうに おいて けつじょうして うたがい あること なけん 
と のべたり 
ゆめゆめ ふしんを なすべからず あなかしこ あなかしこ 
いっしょうじょうぶつの しんじん 
なむみょうほうれんげきょう なむみょうほうれんげきょう 
にちれん かおう

◎一生成仏抄 ひらがな漢字交互文へ 

■一生成仏抄 背景と大意へ

◇一生成仏抄 目次へ

総合案内へ

ブログトップへ
[PR]
by hiraganagosho | 2012-10-23 23:18 | 一生成仏抄