じょ ( 序 )

○にちれんだいしょうにん ごしょぜんしゅう じょ

しょうわ27年 4月の はじめ 
いず はたげの せっせんそうにて 
にちこう ろうそう しるす 

しょうそ けんしゅう 700年を きねんする ほうおんぎょうとして 
さくねんの 6月に そうかがっかいで ごしょぜんしゅう かんこうの びきょが けっていせられ 
そのへんさんを よに ぜひとも ひきうけてくれとの ことであった 

それは よが ふじもんかの ちょうろうでもあり 
がっきゅうでも あるからであろうが 
ともかく せいじゅは 86で ほうろうが 66であり 
にゅうどういらい ししとして 1日も かんじくを はなさぬ べんきょうかである ことを 
がくしゃなみに みこまれた ものと みゆる 
じつは しせいあんぐで いかんする ことも できぬ 
やっと ひとさまの まねぐらいでは とても この たいにんに あたるの うつわでない 
よろしく ごじたい もうして たの がくしょうに ゆだねるのが けんさくであるのに 
むぼうにも よろこんで これを じゅだくしたのは われながら ふかくであったが 
それには たしょうの ふくりょが あった 
ごかいざん にっこうじょうにんに 五 十だいぶの ごせんていがあり 
また ちょうへんの おんひつしゅうが げんぞんしているが 
しょえんを しゃろく されたもので しょうその ぜんぺんではない 

じらい 500年 しぎょうに しょうじんするの めいし いでず 
ようやく きんこになって さいそうだんりんの けしゅで 
また たいせきほんざんの がくとうであった くおんいん にっとうじょうにんが 
はじめて しんじょう そしょの もくろく だけを つくり 
そしょ しゅういの へんしゅうも あったが ぜんぺんではない 
さらに ほんけぶんしゅう 66かんを せいして もんかを ろうして 
はんしたに せいしょさせたが ふこうにして はんこう できなかった のみでない 
しゃでんしゃ すらなく ほんしょが てんてんとして 
たいしょうの だいしんさいで よこはまで うゆうに きしたのは 
ごじしゃの そろうを とがめても おいつかぬ ざんねん せんばんの ことである 
にっとうしの こうはい みょうどういん にってんじょうにんは よが おんしであるが 
とうしの しんてい そしょもくろくを しゅうふくして 
ほんそぶんしゅう 44かん どうそくしゅう 12かんを しゅうせいし 
それが のちに くるめの てんみょうじに おさめて あったが 
いつしか けっぽんと なったのを ほじゅうを めいぜられて かんぽんとし 
いまは わが せっせんぶんこに ある 

よ あんぐで とても げんだいの じいん せいかつは おぼつかないので 
たいしょう 4年から しょうにあわぬ ばんむを ほうかして ほんざんの いちぐうに へいきょし  
がっきゅう せいかつに はいってから どう 8 9年のころに 
とうきょうじんで みょうどうこじ たい そうたろうしの はつがんで 
ときのがくとう じかんいん にっちゅうじょうにんを とおして 
ごしょ へんさんの くわだてがあった 
にっちゅうじょうにんは その しゅにんを じぶんに しょくせられたが 
ふがくを はじて かたく じたいした 

これと ほぼ どうねんに とうきょうじんの そけいこじ みたに ろくろうしが 
やまうちに ざいぼうせし じふぼう にちみょうと ともに きたりて 
ぜんしゅう へんさんの しゅにんを こんせいされたが 
にわかに これに おうずるの ばんゆうは おこらぬ 
そのかわりに しぞうの ざいりょうは 
これを ていきょうするに やぶさかでないと したから 
じふぼうは よるをもって ひにつぎ けんさんに つとめて よも おおいに 
しりょうを かたむけたが  
そけいこじは おもい あきらめず いくどか こんせいを つづけられた 
じふぼうが しなのより とうきょうに てんじて しょうわ4年に 
ごしょ しんしゅう はっかんの ことをきいて 
ひとたびは おどろき ひとたびは よろこんだ 
それは すうねんの あいだ しぎょうの しょうそくを みみに しなかったのと 
この こんなんなことを なしとげた ことであった 
さっそく とりよせてみると そのせいかの よきに 
おおいに はんしたのに きょうがくした 

おもうに よ ひきなりとも したしく さんかして いたならば 
この くい なかりしかと ざんこん ここに としを ひさしうした ところに 
あに はからんや そうかがっかい かいちょう とだ じょうせいしの ねっせいに あわんとは 
ここに みだりに この たいにんを じゅたくしたのは まったく いじょうの えんいんが 
あったからであり かつ また きょらいと いえば ろうどを 
むちうって くれる ぎぎょうの がくしょうの かならず あるべきを よきし 
さいわいに とうじょうして ある かいごうの おりに 
さんかを こんがんしたが いずれも はんたの じょうむの ほかに 
どう きねんしゅっぱんに とくむを おわせられたり とのことで 
ふこうにして ひとりの どうしをも えず 
やむなくば まんいち とちゅう しっぱいの ほじょたるべき じん すら 
とっさに みあたらず このとき すでに ねんまつまで わずかに 
6かげつで ちほうの がくしょうに こうしょう するの よじつも なく 
ひゃっぽう けい つきて ひとえに ぶってんの みょうじょを あおぎ 
わずかに 1 2の がくとに じょうしゃを たすけしめて 
さいまつに せいこうせしは まったく みょうがに よるものと かんきゅうする 
ことに がっかいの きょうがくぶに おいて たいきょ こうせいに あたり 
せいむを さきて ちょうじつ ちょうとを おうふく せられたこと 
および りゃくでん ねんぴょうまで さくせい されたことは 
ぼうがいの ぎょうこうで あった 

ただし へんさんの せいかに そろうなきや 
はたして ほんぶつの めいりょに かなうべきや いなや 
きょうくする ところであるが あえて ろうしんの はいきゅうに たくして 
その せきにんを かいひ するものでは ない 

◎じょ ひらがな漢字交互文へ

総合案内へ

ブログトップへ
[PR]
by hiraganagosho | 2012-10-07 23:23 | じょ (にちこう上人)

自在会のかたが利用できる 日蓮だいしょうにん ごしょブログ


by hiraganagosho